読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりを越えてゆけ

映画、音楽、お笑い、国内旅行、温泉、食べ歩き、そして星野源 。いろんなことを褒めて、褒めて、褒めまくります。

「怒り」を観ました。映画がこっちを潰しにくる。

映画レビュー2016

f:id:pulp-fiction1330:20161012170234j:image 

 

八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘 の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前 歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。(シネマトゥデイより)

 

 

 

 

とんでもないものを、観てしまった。

 

 

 

観終わった後、まず出てきたのはこの感情でした。

 

 

映画の出来が悪かったとかではありません。


良い悪いでいえば、完全に「良」です。

 

 

ただ、スクリーンから伝わるとてつもない熱量に、こちら側がやられそうになりました。

 


パンフレットに載っていた高畑充希さんの言葉。

 

 

 

「映画がこっちを潰しにくる」

 

 

 

まさに、これなんです。

 

心をぐちゃぐちゃにされます。
生半可な気持ちで見てられません。

 

正直、仕事帰りに観るのはキツイと思います。

 

体調が良いときに、休日に1人で観るのをオススメします。

 

でも、絶対に観て後悔しない映画、それが本作です。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170406j:image

 

 


まずすさまじいのが、キャストの激アツ演技。

 

渡辺謙宮崎あおい松山ケンイチ広瀬すず妻夫木聡綾野剛森山未来と、主要キャストだけでこの並び。豪華すぎます。

 

 

このキャスト1人1人の演技が、熱いんです。

 


「役に魂が宿っている」

 


皆さんの演技を見ていて、そう感じました。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170433j:image

 

 

特にすごかったのは、渡辺謙さんですね。


背中であそこまで演技ができる俳優さんは、今の日本にはいないんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170455j:image

 

あと個人的には、高畑充希さんの演技がすごくよかった。


出演時間はわずかなんですが、なんだろう、すごかった。


もしかしたら、あそこで一番泣いたかもしれない。

 

妻夫木さんに真相を語る時の表情、セリフの言い回し…


完全に何かが憑依していた高畑さんに、一気に惚れてしまいました。

 

その他の方々の演技も、相当追い込んでるな…というのがひしひしと伝わってきて、2Dなのに、3Dや4DX、IMAXを見ているかのような圧がありましたね。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170516j:image

 

 

この映画のタイトルは「怒り」です。

 

喜怒哀楽の「怒」です。

 

この「怒」がいかに厄介な感情かが、映画を観ているとすごく伝わってきます。

 

喜には「嬉しい」、哀には「哀しい」、楽には「楽しい」という形容詞があり、それらの表情をイメージすることは簡単です。

 

でも、「怒」には形容詞がない。

 

「怒った」とか、「腹が立つ」とか、動詞ばかりが浮かびます。

 

きっと「怒り」という感情は表情ではなく「動き」のイメージが強いんです。

 

物を投げたり、人を殴ったり、喧嘩したり、殺人を犯したり…。

 

でも普段、それらの動きをするかというと、多くの場合、私たちはそれを我慢します。「怒り」の衝動をおさえるわけです。

 

でもそれってめちゃめちゃ苦しいわけで、そういうときって、心がぐちゃぐちゃするし、何とも言えない表情になりますよね。

 

 

この感覚を、キャスト全員が演じているんです。


だから、すごいんです。

 

彼らの演技だけでも見ごたえがありすぎて、頭がクラクラしました。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170728j:image

 

 

また、全編に漂う緊張感がすごい。

 

李監督も「全シーン、クライマックスのつもりで撮った」と、インタビューでおっしゃってましたが、まさにその通り。

 

カット割り、カメラワーク、編集、すべてがじっくりたっぷりで、ピーンと張りつめたような緊張感が、2時間22分ずっと続きます。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170658j:image

 

さらに坂本龍一さんによる壮大な劇伴。

 

「バベル」を彷彿とさせるその音楽は、観る者の心をえぐり、癒します。

 

真実が明らかになり、各エピソードと音楽で紡がれていくクライマックスは圧巻で、鳥肌と涙が止まりませんでした。

 


軸として、「八王子夫婦殺人事件の犯人は誰か」というものがあるのですが、きっとそこが主題ではありません。

 

八王子の事件の犯人の報道によって、いろんな人々が疑心暗鬼になり、愛する人を信じたいけど疑って、登場人物たちが「怒り」を抱いていく。そんな 「人間の感情」、まさに「怒り」を描いたドラマなんです。

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012170610j:image


同棲したての綾野さんと妻夫木さんの会話のシーン。

 

「家にあるもん盗むとかしたら、俺、遠慮なく通報するよ」

 

「…」

 

「疑ってるんだぞ俺、お前のこと。なんか言えよ」

 

「…疑ってるんじゃなくて、信じたいんだろ。分かったよ。信じてくれてありがとう」

 

 

胸にグサリ、と刺さりました。

 

なぜ「怒り」の感情が生まれるのか。


それは、相手を信じたいから。

 

信じたいけど、もしかしたら犯人なんじゃないか。信じたいけど、もしかしたら…。

 

この気持ちのモヤモヤが、「怒り」につながっていく。


人間の気持ちの複雑さに、キリキリと心が締め付けられました。

 

 f:id:pulp-fiction1330:20161012170826j:image

 

この作品をリアルタイムで観れて、本当に良かったです。

 

劇中には普遍的な要素もたくさんありますが、この作品の描いている「今感」は、2016年の今しか体験できない気がします。

 

 

圧巻の2時間22分、是非劇場でご堪能ください。

 

 

やっぱり、ラストに妻夫木聡が泣く映画には、ハズレなし!

 

 

監督・脚本: 李相日
原作: 吉田修一
音楽: 坂本龍一

キャスト
渡辺謙
森山未來
松山ケンイチ
綾野剛
広瀬すず
佐久本宝
ピエール瀧
三浦貴大
高畑充希
原日出子
池脇千鶴
宮崎あおい
妻夫木聡

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161012183826j:image

 

★4.7点