ひとりを越えてゆけ

映画、音楽、お笑い、国内旅行、温泉、食べ歩き、そして星野源 。いろんなことを褒めて、褒めて、褒めまくります。

大塚製薬カロリーメイトCM「Mate編」

 

 

大塚製薬さんのCMには、好きなものが本当に多いんです。

 

その中でも、カロリーメイトのCMはいつも感動します。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184246p:image

 

今回ご紹介するのは、柄本佑さんと野村周平さんのCM。

 

このCMでは、柄本さんが先輩、野村さんが後輩という設定です。

 

CMは、高校生活と新社会人生活の映像が交互に挿し込まれていきます。

 

これが、すごく泣ける。


各エピソード、動作やセリフ、カット割りがそれぞれ同じような見せ方になっていて、ここにまずニヤリとします。

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184332p:image

 

野球部で声を出す姿と、

  

f:id:pulp-fiction1330:20161014184346p:image

 

カラオケで声を出す姿。

 

 f:id:pulp-fiction1330:20161014184402p:image


怪我をした部員を抱える姿と、

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184409p:image

 

酔っぱらった上司を抱える姿。

 


そうそう、新入社員とかだとこういう感じなんだよなーっと、すごく沁みます。

 

この2人が年齢的に近い先輩後輩同士というのも、また良いですね。


何ともいえない近い距離感が絶妙です。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184927p:image

 

しかもこのスキンヘッドは、特殊メイクなんだとか!

 

全くメイクに見えませんでした。

 

そして、最後は少し変わってきて、野球部のとこでは泣いてるんだけど、社会人のとこでは柄本さんが「泣くなよ」と言う。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184449p:image

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184454p:image

 

 

ずらしてくるんですね。

 

こういうところグッときます。

 

 

またバックで流れているピアノの音楽も素晴らしいです。


調べてみると、富貴晴美さんという方が作曲されたもの。

 

CMの空気感にすごく寄り添っていて、やさしく切なく、でも内に燃える熱さがあるようなそんな素晴らしい音楽です。

 

富貴晴美さんは、映画だと「日本の一番長い日」や「駈込み女と駆出し男」、ドラマだと「マッサン」などを手掛けられた方みたいですね。

 

 

 

 

 

やっぱりすごい方でした。

 

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184753p:image

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184755p:image

 


ラストは各エピソード共、ダッシュ!

  

仕事で疲れたときや、ふと昔を思い出したときに見ると、目頭が熱くなる名作CMです。

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161014184815p:image

 


「見せてやれ、底力」

 

名コピーですね。

 

 


底力見せねば!!