読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりを越えてゆけ

映画、音楽、お笑い、国内旅行、温泉、食べ歩き、そして星野源 。いろんなことを褒めて、褒めて、褒めまくります。

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を観ました。実話モノとあなどるなかれ。無駄なく紡がれたシーンの数々と、役者の丁寧な演技が沁み渡る傑作ヒューマンドラマ!

 f:id:pulp-fiction1330:20170417175511j:image

 インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、そ れを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。わずかな記憶を手掛かりに、Google Earthを駆使して捜索すると……。(シネマトゥデイより)

f:id:pulp-fiction1330:20170417175544j:image

Google Earthを使って、昔の記憶を頼りに二度と会えなくなってしまった家族と再会する涙涙の感動の実話モノ。…というのが、予告編を見ていた時の印象でした。この期待、いい意味で裏切られました。こういう実話ものっていくらでも話を盛ったり、主人公を辛そ~に見せたり、泣かせポイントみたいなのが分かりやすくあったりしがちだと思うんです。が、本作は全くそんなことなくて、真摯に事実と向き合い、非常に丁寧にストーリーが紡がれていて、いつの間にか、つらーっと涙が頬を伝うような珠玉の1本となっています。

f:id:pulp-fiction1330:20170417175612j:image 
映画はまず、スラム街で家族と暮している5歳のサルーを丁寧に描きます。予告編を見ている時は、まさかこの部分がこんなに丁寧に描写されるとは思いもしませんでした。この作戦は、作り手側の大勝利だと思います。汽車に飛び乗り、石炭を盗む兄弟。その石炭を少しの牛乳にかえ、家族みんなで飲む。貧しいけれど笑顔の絶えない彼らの生活は、見ていて微笑ましくなります。そんな中、あることがきっかけで5歳のサルーは、インドの見知らぬ街で迷子になってしまいます。兄や母の名を懸命に叫ぶサルーですが、声は届きません。何度も危ない目に遭うサルー。手に汗握る展開が続きます。この少年期のシーンのストーリーとシーンの紡がれ方が本当に見事で、映画にぐいぐい引き込まれます。音楽も暗くて張りつめていて、緊張感が切れません。自分もサルーと一緒に迷子になっているかのような錯覚に陥るほどです。

f:id:pulp-fiction1330:20170417175736j:image

そんな中、孤児院に入れられたサルーは、幸運にもオーストラリアの夫婦に養子として引き取られます。ここで育ての親を演じるのが、デヴィッド・ウェンハムと、ニコール・ キッドマンなんですが、この2人の演技が本当に素晴らしかった。2人とも、とにかく無償の愛をささげてくれる感がすごいんです。息の詰まる地獄のような町から抜け出したサルーが温かい2人と出会い、一緒に暮らしていくシーンは、見ていて涙が止まりません。

f:id:pulp-fiction1330:20170417175806j:image

 そしてここから時代は25年トリップして、デヴ・パテル演じるサルーが登場します。料理で出てきた揚げ菓子によって幼い記憶が蘇ったサルーは、Google Earthを使って故郷の街を探し始めます。少しネタバレしちゃうと、意外と故郷はアッサリ思い出して見つかっちゃうんです。でもそこにたどり着くまでの人間ドラマが物凄く丁寧に描かれていて、ニコール・キッドマンとデブ・パテルが涙ながらに語るシーンは胸を打たれます。

f:id:pulp-fiction1330:20170417175838j:image

 しかし、やはりこの映画でずば抜けた演技を見せているのは、幼少期のサルーを演じたサニー・パワールくん。どれだけ辛い状況でも涙を流さず、強いまなざしで現実を受け止めるその姿は、決して誰にもできないであろう唯一無二の演技でした。

f:id:pulp-fiction1330:20170417175901j:image

そして、なぜ本作のタイトルが「LION」なのか。それが最後の最後に明かされ、Siaの「Never Give Up」が流れ始めます。ここ、思わず声が漏れました。最高のラストです。素晴らしい。監督のガースデイビスは、何と本作がデビュー作。今後の作品が楽しみですね。

実話モノとあなどるなかれ。無駄なく紡がれたシーンの数々と、役者の丁寧な演技が沁み渡る(特に幼少期サルー!)、心洗われる傑作ヒューマンドラマです。是非、劇場で。

 

f:id:pulp-fiction1330:20170417175946j:image


スタッフ
監督: ガース・デイヴィス
脚本: ルーク・デイヴィス
キャスト
デヴ・パテル
ルーニー・マーラ
デヴィッド・ウェンハム
ニコール・キッドマン
サニー・パワール

★4.2点