読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりを越えてゆけ

映画、音楽、お笑い、国内旅行、温泉、食べ歩き、そして星野源 。いろんなことを褒めて、褒めて、褒めまくります。

星野源9枚目のシングル「恋」が良すぎるという話。

星野源

f:id:pulp-fiction1330:20161005122537j:image

 

10月5日(水)発売
星野源9枚目のシングル「恋」


ついに、ついに、

本日発売となりました。


いろんなテレビ番組、雑誌やラジオで、
めちゃくちゃ取り上げられていましたね。

 

「SUN」の時は正直ここまでじゃなかった気がするから、やっぱり売れたんだなーと。

 

源さん、売れすぎ!


本日が発売日ではありますが、予約注文していた私は、フラゲ日の昨日、4日に受け取りました。

 


源さんのCDやBlu-rayを購入した時はいつもですが、ほんとにワクワクして、テンションがぶち上がります。

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005122649j:image

 

Amazonさんの箱を開けると、CDが登場!
やはりテンションが上がります。

 

できればCDショップで買いたいんですが、帰るまでにお店がなくて、いつもAmazonさんに頼ってます。すみません。

 

でも今回はAmazonでも、早期購入者特典が!!

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005122725j:image

  

ニセさん!!!!
表情、やばすぎるよ!!!

 

このファイルには、テンション上がりました。


普通ビジュアルのもいいけど、ニセさんのもいいです。


で、いざCDを見てみると、
まー、ニセさんの多いこと、多いこと!

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005122746j:image

ここにも。

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005122755j:image

 
ここにも。
このニセさんオーラ出過ぎ。

ニセさん、出世したなぁ!

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005122821j:image

 

今回収録されているのは、全4曲。


全曲本当に最高です。

永久に聞けます。


ここからは少しだけ、

感想を書いてみたいと思います。

 

 


①「恋」
言わずもがな、TBSドラマ「逃げ恥」の主題歌。ラジオで流れた時から大ファンで、聞けば聞くほど味が出てきます。特に2番のメロ、好きですね。やっぱり二胡マリンバの効果がすごくて、オリエンタルな空気感も出ながら、でもベースやドラムはめっちゃタイトで、源さんのこれまでのイズムがぎゅっと凝縮されたような1曲です。細野晴臣さんやSAKEROCKへのオマージュがたっぷり。最高。


②「Drinking Dance」
曲名の通り、とにかく踊りまくりたくなる1曲。何か70年代のディスコみたいな、ミラーボール回ってて、みんなお酒飲んでて、あー!楽しい!みたいな感じ。このアルバムの中では、1番ラクーっに聞ける。いやでも、曲中全部裏声っていうのは、やっぱりすごい。


③「Continues」
泣きました。涙あふれました。超いい歌です。
全曲の中で、一番メッセージ性が強いというか、熱い想いが伝わってきました。とにかくこの曲を聴いていると、「顔を上げなきゃ」ってなる。下を向いてちゃダメ、前に進んでいこうよって、源さんに後押しされる。コンテニューし続けることって大変だけど、大切なんだよなぁ。

 

そして、サビで入るバックコーラス陣…。

f:id:pulp-fiction1330:20161005123004j:image

 メンバー最高じゃねぇか!
RGさんありがとう!!


④「雨音(House ver.)」
毎度おなじみのHouse verですが、今回は、House verの領域を超えてきてました。聴いていると、雨が降ってる情景がすごく浮かんでくるし、アコギなんだけど、リズムが電子ドラム?で、なんかそのアンバランス感がよくて。アウトロの電子ドラムの連打と「ズレ」がとてつもなく心地よいです。

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005123027j:image


全4曲、お腹いっぱいです。名曲ぞろい。


しばらくはエンドレスリピートになりますね、これは。

 

 

そして、忘れちゃならんのが、

初回限定盤特典DVD「恋ビデオ」

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005123052p:image

 

早速、昨日拝見いたしましたが、これまでの特典DVDの中では、一番笑いました。笑

 

「ハートブレイクウォーターホテル」


「ニセはメモを取らないから」

 

など、数々の名言が生まれ、

見応え十分でした。

 

それに加えて、間に挟まれる、

メトロックのライブ映像。!

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005123254p:image

 

これがまた最高です。

 

「SUN」


「桜の森」


「時よ」

 

 の3曲ですが、特に「桜の森」が好きでした。


あのノリ、会場の一体感、あーあの場にいたかった・・・。あとやっぱり、ハマ・オカモトさん最高だわ。

 

 


星野源、最新シングル「恋」、
買って損なしの名作シングルでございます。

 

ちなみにブログタイトルも「恋」からとっています。

 

「ひとりを越えてゆけ」

 

漢字は変えてますが、

やっぱり素敵な言葉です。


今まで生きてきて、音楽作品の新作にここまでテンションが上がるアーティストはいなかったなぁ。


しみじみ。

 

源さん、ありがとう!

 

 

f:id:pulp-fiction1330:20161005123406j:image